タグアーカイブ 安全

台風への対策

タグ: ,

 

お疲れ様です

大型の台風19号が通過しました
皆さん被害など大丈夫でしたか?

私の住んでいる地域は無事でしたが多くの河川で氾濫が起きました
社長の家も床下浸水してしまったようです

当初金曜日から台風が来るとのことだったので急ぎの仕事だけ終わらせて
金曜日に有給を取らせて頂いておりました

木曜日のスーパーは特にいつも通りでしたがニュースを見ると
金曜日に買いだめをする人が殺到したそうで、全体的に品薄だったそうです

台風で全員が何日分も買いだめする必要があるのかと思いますがそれだけ台風に対して
どうすればいいかわからないのかと思います
ちなみに私もあまり分かってないです

今後のためにも調べてみました

 

まず自分の住んでいる家がどんな危険があるか予測することが大切です
崖が近ければ土砂崩れ、川や海が近ければ水害、高層マンションなら水害はなくても
暴風の被害や停電などの恐れがあります

住んでいる地域のハザードマップを見ておくと良さそうです
ちなみに弊社の地域は海沿いのため水害が起きたときは水深2mに達するようです

 

普段から備えておくこと

・懐中電灯やラジオの準備、電源が入るかの確認
・屋根や塀、窓が痛んでいないか確認
・最低限の水や食料、カセットコンロの準備
・窓ガラスの保護シートか養生テープの準備
・水害の恐れがある場合は浸水した時に片付ける道具の用意
(バケツや長靴、マスク、ゴム手袋、軍手、スコップなど)
余裕があれば消毒用の薬剤もあると安心かもしれません
・加入している保険があればどこまでが保険の対象か確認しておく

 

台風が来ることになったら

・ベランダや庭にものを置いている場合はしまう(飛ばされて人や電線に当たることを防ぐため)
・避難が必要になりそうな場合は避難グッズをまとめておく
(身分証明書や水、食料、常備薬、他必要なもの)
アイマスクやイヤホン、普段から食べているお菓子などがあるとストレスが軽減されるそうです
・土のうの準備
ゴミ袋に水をためたものを段ボールに入れて積むと代用できるみたいです
・水害のおそれがある場合は水に濡れたら困るものを高いところにあげておく
・窓に保護シートを貼る
(ゴミ袋などの大きいビニール袋を養生テープで貼ることでも代用できます)

追加で何かあればお問い合わせで教えていただけるとありがたいです

 

窓ガラスにビニール袋を貼るのは家でも実践していました
前回の台風より風は強くなかったからかもしれないですが、窓が風でがたつく音が
軽減されたような気がします

ラジオの電池が長らく切れかかったままなので他の災害の対策も兼ねて
この機会に新しくしようと思います

情報を調べている途中で警視庁の災害対策本部のHPを見たのですが
ベストツイート集の情報が普段あまり見ない情報で新鮮でした
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/saigai/index.html

時間があるときに読んでおこうと思っています

 

 

 

トウケンの熱中症対策

タグ:

お疲れ様です

梅雨が明けてから猛暑が続き大変です

連日の暑さに危機感を覚え、昨日の午後熱中症対策グッズを発注しました
早く欲しいと無理を承知でお願いしたところ本日持ってきて頂けました
(本当にありがとうございます)

その熱中症対策がこちら

ファン付き作業着です!

充電式のリチウム電池と小型の扇風機を専用の作業着にセットして着用します

扇風機から出る風はそのまま手をかざすとすごく弱く感じますが
着用してみると風が全身にまわってとても涼しく感じられます
冷房の効いた部屋で着るとむしろ寒くなるくらいでした

汗を吸収するタイプのインナーと合わせて使うと猛暑の中でも
むしろ快適に感じられるほど涼しくなるそうです

これで安心して作業ができそうでよかったです

 

資材整理を行っておりました

タグ:

おはようございます

太陽は雲で隠れていますが
蒸し蒸しと暑い日ですね

資材を今ある場所から移動して欲しいとの事で
私が運んでました

物は工具が少々と25kgの砂が15袋くらいだったでしょうか?
インドア派のもやしっ子には重労働でした(+o+)

外での作業で太陽の日が当たらなかったので
気にしていなかったのですが
気付いた時には、少々呼吸が早くなっていて

先日トウケンで行った安全協議会で熱中症の症状として
呼吸が早くなる」というものがあったので
すぐに作業を中止してスポーツドリンク
飲んで車内で冷房をかけてしばらく休憩しました

自覚は、あまり無かったですが
休憩してみると、暑さに体が参っていたようで

社長からも体調が悪くなるようなら
無理せず病院行って今日は帰りなさいと言われたのですが

症状の初期段階?だったのか迅速な対応で
15分もしないうちに回復したのですが
大事を取って30分休憩をとり
残りの作業を片付けました
(単純な筋肉疲労で腕はプルプルでしたが(笑)

寝不足と朝食をしっかり摂っていなかったのが
熱中症になりかけた?最大の原因かと思います

吐き気がする」「めまい・立ちくらみ」「意識がもうろうとする
まっすぐ歩けない」「けいれんする」「呼吸が早くなる
頭痛」「体に力が入らない・体がだるい

これらはすべて熱中症の症状です
ためらわずに職長や周りの方に伝えて休憩してください

これから、もっと暑くなっていくので
皆様も十分にお気を付けてください

災害防止協議会に参加してきました

タグ:

お疲れ様です

毎日、が降りそうで
折りたたみ傘が手放せませんね( ̄▽ ̄)

気付けば今月も残すところ5日間ですね
6月でしたが暑かった印象でした

6月で暑かったので7月、8月は
どうなってしまうか不安です…(-_-;)

私が施行承認申請書を作成している現場の
災害防止協議会に参加してきました

災害防止協議会とは
現場毎のどこの何が危険かを
すり合わせしていきます

現場内の危険ヶ所や注意ヶ所を
写真で説明しつつ
どのような問題があるか(あったか)
どのような対策を取るか(とったか)

の安全面・衛生面のお話と
工事全体の工程表を見ながら

このヶ所は、この時期に協力業者Aが入るから
業者Bは作業できないからといった感じで

どの業者がどのタイミングで作業を行うかの
情報を共有して作業の効率化・安全対策・休日の取得
を目指す事が目的です

株式会社 鴻池組 様 主催、安全衛生大会に参加しておりました

タグ:


お疲れ様です

梅雨入りだそうです
(一年で一番好きな季節がやってきました!)

6月4日(火)に(株)鴻池組様 主催の安全衛生大会に参加させていただきました

日本教育会館一ツ橋ホールを使って協力会が行われました

ホール丸々使って協力会をするなんて
鴻池組 様ほどの会社になるとスケールが違いますね(◎_◎;)

協力会の前半は安全衛生協力会会長のご挨拶、安全面など諸々での優良企業の表彰と
安全教育・安全宣言を行いました

何百という人が集まってとても緊張感に包まれた会でした

過去の事故事例をまとめたパンレットを見ましたが
ちょっとした気のゆるみが重大事故につながる事を再確認しました

内容としては「危険感受性」の向上を意識した物となっており
危険感受性とは、その名のとおり「どのような危険があるかを直感的に感じ取る事」です

現代社会では、いろいろな物にセーフティー機能がついており
そういった機能や柵・手すりなどに私たちの暮らしは守られています

ですがそのために個人としての安全意識(危険感受性)は低下する傾向にあると言われています

少し前に、高速道路を走行中の車の同乗者が悪ふざけでサイドブレーキを引き重軽症を負った
という事故がありました

これは危険感受性が低いと言っていいかと思います

急ブレーキが必要な場合はもちろんありますが
急ブレーキをかけたら何が起こるか考えればこのような悪ふざけはしなかったかと思います

急ブレーキをかければ車自体のバランスを崩したり、後方車両に追突される可能性があり
運転手自身が急ブレーキをかければ急ブレーキに伴ったハンドル操作がなされますが
運転手の意図しないタイミングではハンドル操作もままならなくなりますね

協力会の後半は
林家 木久蔵さんの講演でした

会場は緊張感から解放され一気に和やかなムードになり笑いが絶えませんでした(´艸`*)

今回の安全衛生大会を経て事故が無くなる事を祈るばかりです