タグアーカイブ その他

戸田アスコンさんへ工場見学

 

お疲れ様です

7月8日に研修の一環として戸田アスコン株式会社さんへ工場見学に行ってきました

戸田アスコンさんはアスファルト合材の製造、販売や廃材処分を主に行っている会社です
トウケンでも東京や埼玉の現場でよくお世話になっています

丸1日の工場見学を快諾して頂き、ブログへの掲載も許可して頂きました
ありがとうございます!

 

工場見学のスケジュール

9時頃~座学

配車担当の方からの説明

製造出荷担当者からの説明

試験室(品質管理課)からの説明

お昼休憩

合材プラント内見学

破砕工場見学

小テスト、質疑応答

以上の充実したスケジュールを組んで頂きました

 

座学では、アスファルト舗装材や各種品質試験についての説明を受けました

 

アスファルト混合物はアスファルトに骨材、フィラーが混ざったものです

アスファルトはストレートアスファルトやⅠ型、Ⅱ型、H 型ポリマー改質アスファルトなどがあります

骨材にはアスファルトコンクリート再生骨材が使われます
再生骨材は受入れた廃材を破砕、分別したもので作られています

フィラーは砂よりも細かい石灰石粉や消石灰などの粉です

どの材料も大きさや含有率などに厳格な規格があります

 

アスファルトの品質は試験で確認します

試験は色々な種類があります

針入度、軟化点、伸度、引火点、薄膜加熱、密度、トルエン可溶分、高温動粘度、60℃粘度
タフネス(把握力)・テナシティ(粘結力)、曲げ仕事量・曲げスティフネス、ラベリング
などの試験があるそうです

製造レベルの管理で現場担当者としては少し縁の薄い品質管理項目です
皆「耳慣れない」とのことでした

試験が終わり、審査に合格すれば認定合材となります

審査は1年に1回実施されているため、使用先(お客様)に
提出する「材料承認願」には有効期限があります

 

配車はどの現場にどの車で、どのドライバーの方に運転してもらうかを手配する
とても計画性が求められる仕事です

配車担当の方からは、2日前までにはオーダーを頂きたいとお願いがありました

現場によっては前日の午後に連絡したりすることもあったため要反省です・・・

 

製造出荷担当は引き取り、配達の両方のダンプを何番サイロに行く様にアナウンスしたり
サイロ下(合材をダンプで受取る所)の微細な誘導をしています

10台ほどの場内モニターを見続けながら適切な音声ガイドをしていました

 

アスファルトを出荷する時の温度は最適な締固温度より20℃近く高く設定されています
運搬で10℃、施工中で10℃温度が下がる事を想定しての温度です

アスファルト舗装時の温度管理基準は決まっていて「初期転圧温度」の
110℃以上が規格値です
より密度の出やすい現場では、最適締固め温度を目がけて管理しています

ただし転圧するときに温度が高すぎるとヘヤークラック(髪の毛ほどのひび)が生じやすくなってしまいます

規格値を下回らず、きれいに舗装できるように試験成績表や
プラント推奨温度を元に施工者が管理します
出荷との密な連携も不可欠ですが、それも含めて現場担当者の腕の見せ所です

 

試験室の方からは座学で習った試験を実際に目の前で見学させて頂きました

マーシャル試験


割合を考えて作るのは楽しそうですね

 

ホイールトラッキング試験

 

日常管理は当日実際に出荷した合材をサンプリングし、配合計画書通りかどうかを
室内で確認するものです

その名の通り毎日行っています

 

 

お話を伺った後はお昼ご飯にプラントの方がいつも食べている仕出し弁当を頂きました

お昼休憩中も事務所内では電話がひっきりなしにかかってきていて
大型工場の忙しさを垣間見た気がします

 

午後からはプラントの中を見学しました

 

レミファルト製造

 

ふるいにかからなかった再生材の分別をしています

 

数千トンも作っているので当たり前ですが、どの施設もとても大きく迫力があります

ホッパー(作った合材を運ぶもの)

 

作った合材をストックするサイロ

 

 

プラントの後は破砕工場も見学しました

現場で出た廃材が実際に処理されているのを見ると感慨深いものがあります

 

見学が終わった後は小テストを受けました

全員全問正解!
とはいきませんでしたが、見学をする前よりは正答率は上がったと思います

 

最後に質問に答えて頂き、帰社しました

 

午前、午後ととても充実していて学ぶことが多く充実した時間を過ごすことができました

現場で合材を頼む時や、廃材処理を頼む時にその先の処理を想像できるようになってよかったです

また、普段電話でしか話したことがない人と直接会って話せたり、工場の苦労を知ることによって
今後お互いの仕事や連携に良い効果があればいいなと感じました

学ぶことが多く今回だけではすべて理解しきれなかったため
機会があれば2回目の見学も行いたいですね

 

 

アスファルト舗装について

タグ:

 

お疲れ様です

先日行った勉強会の内容紹介の続きです

今回はアスファルト舗装についてです

 

アスファルト舗装の長所は

  • たわみ性があること
  • 他の舗装よりも早く終わること
  • すぐに交通解放ができること
  • 補修しやすいこと

たわみ性があることで、少し変形してもある程度耐えられます

短所はコンクリート舗装に比べて寿命が短いことと、荷重や油、熱に弱いことです

 

アスファルト舗装は主に下から路体層→路床層→下層路盤層→上層路盤層→基層→表層
の順番で出来ています

車などの交通荷重は上の層から徐々に分散されて下層に伝わっていきます

  • 路体層・・・地面、元々ある土を転圧することが多い
  • 路床層・・・路体層から1mの厚さの部分、砂を主に使用し支持力は季節の影響をほとんど受けない
  • 路盤・・・荷重を分散させる層
    • 下層路盤:クラッシャラン(岩を破砕機で砕いたもの、大きさが不揃い)を主に使用
    • 上層路盤:大きさが揃った砕石などの強度が大きい良質な材料を使用
  • 基層・・・路盤の不陸整正をすると共に表層から加わる荷重を路盤に均一に伝達する
    通常加熱アスファルト混合物で作られる
  • 表層・・・一番上にある摩耗やひび割れに抵抗する層で平坦で滑りにくい
    快適な路面を確保するための層
    加熱アスファルト混合物で作られ、透水性にするかを選ぶことができる

 

アスファルト舗装をすることになったら以上の基礎知識をもとに、どう設計するかを考えます

道路管理者が定めた性能指標を満たせるように設計しないといけません

性能指標は主に4つあります

  • 疲労破壊輪数(49kNの荷重を繰り返し加えてひび割れが起こるまでの数)
  • 塑性変形輪数(表面温度が60℃の時に49kNの荷重を繰り返し加えて1㎜変形するまでの数)
  • 平たん性
  • 浸透水量(雨水を道路の下に浸透させる構造の場合の追加項目)

49Nkは5トンで、大型車1台分です

 

この指標を満たすために、どの材料を使って各層どれくらいの厚さにするかを考えます

いい材料を使ってどの層も厚く作れば丈夫な舗装に出来ますが、費用対効果を考えて
条件に耐えうる最小限のコストで設計しないといけないのが難しいところです

 

この先の内容は専門的すぎてうまく紹介できないため割愛させていただきます

舗装の会社に居ながらも舗装についての知識が皆無だったので今回の研修は勉強になりました

知らない分野の話は難しいですが知っていくのは楽しいですね

舗装とNIPPOの歴史

タグ:

 

お疲れ様です

梅雨に入り雨の日が多くなりました
現場も止まってしまいがちです

先日全員内業という日があり、以前NIPPOの研修で使われた
資料を拝借して勉強会を行いました

流れとしては

  • 道路や舗装の歴史、NIPPOの歴史
  • 道路の設計
  • 舗装の材料
  • 舗装技術や工法

などを勉強しました

今回は日本の舗装や親会社のNIPPOの歴史についてご紹介します

 

舗装というと近代のものというイメージがありましたが、紀元前2600年の古代エジプトでは
ピラミッド建設のためすでに舗装道路が整備されていたそうです
アスファルトも紀元前600年には登場していました
世界的にはかなり昔からあったんですね

1700年頃からイギリスでは舗装の耐久性の上がる工法が次々と開発され
道が整備されてきたそうです

参考資料:日本道路建設業協会
http://www.dohkenkyo.or.jp/techno/history.htm

 

日本で初めての舗装は1878年にできた橋です
岩倉使節団として欧米を見てきた由利公正さんが舗装に将来性を感じ、実現させたものだそうです
道ではなく橋が初めての舗装というのは意外でした

NIPPOの原点は1907年に発足した「中外アスファルト(株)」です
そんなに昔からあったとは驚きです

 

舗装が本格的に普及し始めたのは「道路法」が制定された1919年からです
関東大震災の後に都市改造が進み、昭和通りなどの広い道路ができました

大正から昭和になると急速にアスファルト舗装が広がったそうです
中外アスファルト(株)もいろいろな会社と合併し、「日本鋪道(株)」になりました

 

しかし太平洋戦争が始まり、空襲などで日本は荒廃してしまいました
終戦後、日本の一般道などで舗装されている道は5%にも満たない状況でした
しかもその内45%は自動車で通行できないような道です

軍や政府が道路整備を推し進め、3年後には建設省(今の国土交通省)が誕生しました
復興のため道路整備の機運は急速に高まりました

 

機械での施工が進められたのは1953年頃です
アスファルトフィニッシャーが国内初で輸入されました

日本鋪道でも自社開発した機械で舗装を短時間で完了させることに成功しました

同時期に日光にある「いろは坂」の舗装も行っていたそうです
修学旅行のバスで揺られたあの道はNIPPOが施工していたのかと思うと感慨深いです

 

 

日本経済は順調に回復し、1955年(昭和30年)頃から高度成長期に突入しました
1957年には日本初の高速道路の建設が始まっています
日本鋪道は試験工区の工事を特命で受注し、無事に完成させたそうです

1965年頃からは高速道路や空港などの大規模な舗装だけでなく
生活道路への舗装も進められていきました

 

1973年と1979年に起きたオイルショックにより高度成長期は終わってしまいました
省資源、省エネルギーが重要視されるようになり、公害問題や廃棄物処理問題も
大きくクローズアップされました

そんな中、日本鋪道はアスファルト舗装材の再利用、産業廃材のリサイクル利用や
低品質材料の安定処理(路床・路盤等)などの省資源技術や再生技術を開発しました

この技術は高度化されて現在でも活用されています

 

昭和60年代以降からは交通安全、景観など様々なニーズが求められるようになりました
ニーズに応えられるように日本鋪道では様々な技術を実用化させました

排水性舗装(パービアス)
透水性のアスファルトを表層に使うことで雨水を速やかに排水できる舗装です
水はねや水煙を防止し、騒音を抑える効果があります

凍結抑制舗装(ゴムロールド)
硬質のゴム骨材を舗装の表面に散布圧入することで、車両が通るたびにゴムがたわみ
路面に凍結した氷を破砕します

速度抑制舗装(スピードセーブ)
路面が滑らかに波打った舗装です
制限速度を超過すると車両が揺れて、運転者に速度抑制を促せます

切削型注意喚起舗装(ランドルストリップス)
路面の表面に一定間隔で凹型の切削溝を付けて、居眠り運転などで車線を逸脱した時に
ガタガタ揺れて運転者に注意を促せます
凹型のため損傷が少なく、維持費もあまりかかりません

 

そのほかにもテニスコートや陸上競技場などのスポーツ施設の施工も手掛けました

2003年には社名が「(株)NIPPOコーポレーション」に変更されました
今の「(株)NIPPO」になったのは2009年です
社名がコンパクトになりましたね

 

平成になり、現在に至るまで環境問題が深刻な課題となっています

NIPPOでは環境問題解決に向けた技術開発を進めています

中温化アスファルト混合物(エコファイン)
特殊添加剤「フォームセット」を用いて製造時の混合性や舗設時の締固め性を向上させたものです
化石燃料の消費を削減し、CO2の排出も減らせます

保水性舗装(クールポリシール)
空隙の多いベースアスファルト混合物に保水能力が高い特殊セメントミルクを合わせたものです
舗装内に保水した水が蒸発する気化熱を利用することで路面温度を抑制します

遮熱性舗装(パーフェクトクール)
舗装の表面に太陽光の赤外線を反射する特殊な樹脂を塗布することで
昼間の路面温度を10℃以上抑制できるものです
その結果舗装の耐久性も向上します
2011年にはこの技術で世界道路協会で最優秀技術革新賞を受賞しました

 

大まかにまとめたつもりがかなり長くなってしまいました

NIPPOでは、最近言われ始めたSDGsにも取り組んでいるそうです
トウケンとしても目標達成のためできることから取り組んでいきたいです

 

ご紹介した工法はこちらから詳しく見られます
(株)NIPPOホームページ 技術情報
https://www.nippo-c.co.jp/tech_info/index.html

 

よいお年をお迎え下さい

タグ:

 

お疲れ様です

弊社は今日で仕事納めになります

昨年に引き続き長く休めてとてもありがたいです

長期休暇の度にあれ、休みあと1日しかない・・・とショックを受けるのを
繰り返しているので今回こそは充実した休みを過ごしたいです

 

2020年はついに東京オリンピック開催の年ですね
決まったときはまだまだ先の話だなと思っていましたが気づいたらもう目前で
時間の早さを感じます

建設業全体がさらに忙しくなりそうで少し心配です
来年も無事故で過ごせればいいなと思います

 

私は亥年生まれなので今年は回り年でした
12歳の時の自分よりは身長も伸びましたし成長できた気がします

36歳になった時、24歳の頃より成長できたと思えるように
身長は期待できないのでそのほかの部分でがんばりたいです

 

それではみなさん良いお年をお迎え下さい
また来年もトウケンを宜しくお願いいたします

 

台風への対策

タグ: ,

 

お疲れ様です

大型の台風19号が通過しました
皆さん被害など大丈夫でしたか?

私の住んでいる地域は無事でしたが多くの河川で氾濫が起きました
社長の家も床下浸水してしまったようです

当初金曜日から台風が来るとのことだったので急ぎの仕事だけ終わらせて
金曜日に有給を取らせて頂いておりました

木曜日のスーパーは特にいつも通りでしたがニュースを見ると
金曜日に買いだめをする人が殺到したそうで、全体的に品薄だったそうです

台風で全員が何日分も買いだめする必要があるのかと思いますがそれだけ台風に対して
どうすればいいかわからないのかと思います
ちなみに私もあまり分かってないです

今後のためにも調べてみました

 

まず自分の住んでいる家がどんな危険があるか予測することが大切です
崖が近ければ土砂崩れ、川や海が近ければ水害、高層マンションなら水害はなくても
暴風の被害や停電などの恐れがあります

住んでいる地域のハザードマップを見ておくと良さそうです
ちなみに弊社の地域は海沿いのため水害が起きたときは水深2mに達するようです

 

普段から備えておくこと

・懐中電灯やラジオの準備、電源が入るかの確認
・屋根や塀、窓が痛んでいないか確認
・最低限の水や食料、カセットコンロの準備
・窓ガラスの保護シートか養生テープの準備
・水害の恐れがある場合は浸水した時に片付ける道具の用意
(バケツや長靴、マスク、ゴム手袋、軍手、スコップなど)
余裕があれば消毒用の薬剤もあると安心かもしれません
・加入している保険があればどこまでが保険の対象か確認しておく

 

台風が来ることになったら

・ベランダや庭にものを置いている場合はしまう(飛ばされて人や電線に当たることを防ぐため)
・避難が必要になりそうな場合は避難グッズをまとめておく
(身分証明書や水、食料、常備薬、他必要なもの)
アイマスクやイヤホン、普段から食べているお菓子などがあるとストレスが軽減されるそうです
・土のうの準備
ゴミ袋に水をためたものを段ボールに入れて積むと代用できるみたいです
・水害のおそれがある場合は水に濡れたら困るものを高いところにあげておく
・窓に保護シートを貼る
(ゴミ袋などの大きいビニール袋を養生テープで貼ることでも代用できます)

追加で何かあればお問い合わせで教えていただけるとありがたいです

 

窓ガラスにビニール袋を貼るのは家でも実践していました
前回の台風より風は強くなかったからかもしれないですが、窓が風でがたつく音が
軽減されたような気がします

ラジオの電池が長らく切れかかったままなので他の災害の対策も兼ねて
この機会に新しくしようと思います

情報を調べている途中で警視庁の災害対策本部のHPを見たのですが
ベストツイート集の情報が普段あまり見ない情報で新鮮でした
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/saigai/index.html

時間があるときに読んでおこうと思っています